キッフェルン
【crc_0164】
聖職者 / 墓守
獣人種
【日中】シドリア大聖堂
【夜間】シドリア大聖堂
見た目25の28歳の男性。
髪は銀、瞳は金色。
肌は黒
体型は細身で、
身長はやや高い。
利き腕は右手。
攻撃□□□■□防御
理性■□□□□感情
純真■□□□□狡猾
協調■□□□□自主
律儀■□□□□怠惰
熱血□□□□■冷血
自分のことを「僕」と呼ぶ、
他人の事は「~さん」と呼び、
もっぱら「礼儀正しく」 話し、
目上の人には敬語を「使用する」。
語尾を付ける癖が「ない」。
■普段の生活
夕方頃起床し、聖職者として葬儀を執り行う。夜は墓守としてスコップを片手に大聖堂の側にある墓の見回りをしている。そして、日が昇るころ、彼は寝床に入るのだ。
■人物の情報
「死体の首を落としたところで、魂に影響はありません。切りましょう」 --◆葬儀担当の司祭兼大聖堂の墓守。不吉が服を着て歩いているだの腐肉を貪る鴉だの言われているが気にしていない。むしろ身内の適当な仕事故に蘇る死者のほうに腹が立つタイプ。死者の平穏な眠りのために、葬儀の時に首を切らせろと主張しているためについた仇名が「首切りキッフェ」。深夜に片刃を研いだスコップ片手に高笑いしながら死体や墓荒らしを追い掛け回す様はトラウマものであり、お化けより怖い。聖職者としては生真面目で優秀なのだが。
illust.時間屋トムテ