マグリア・A=ドラグ
【crc_0122】
調毒士 / 治癒術士
広人種
【日中】西側・港
【夜間】裏町
見た目25の25歳の女性。
髪は青、瞳は金色。
肌は白
体型は細身で、
身長は高い。
利き腕は両手。
攻撃□□□■□防御
理性■□□□□感情
純真□□□□■狡猾
協調□□■□□自主
律儀□■□□□怠惰
熱血□□□□■冷血
自分のことを「私」と呼ぶ、
他人の事は「~クン」と呼び、
もっぱら「クールに」 話し、
目上の人には敬語を「使用しない」。
語尾を付ける癖が「ない」。
■普段の生活
日中は西側・港で人間観察を行う。気になる者がいれば声を掛けてみたり、偶々出来た安全そうな薬を人に押し付け被験者にしてみたりと無茶をしている。晩は「興味がある」と裏町に居る事が多い。
■人物の情報
薬を創る事が大好きなで「知的興味」こと好奇心が旺盛な変人。探偵じみて回りくどい話し方を好む。住宅地に居を構え、同居人等は今のところいない。血縁関係のある者は聖職者である父のみ。そんな父の元で育った為、ある程度の知識や術式は理解し、発動出来るようだ。全く知らない母の存在、ひいては自分の出自を探っているらしい。家族仲は良い。戦に関してはからっきしなのだが、「戦闘をしている者を見るのは楽しいから」と戦士などにふらふらとついて行き、迷宮に入る事もしばしば。そのせいか治癒や妨害などの援護はやたら手慣れている。万一自分に攻撃が来た場合は薬品をぶち当て怯ませるか徹底的に避けるか誰かに擦り付けるかの3択。
illust.ミルノ